虎や日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ストラトキャスタ−

<<   作成日時 : 2007/10/04 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ちょいと気分転換で、やはりギタ−の話しに・・・。
先日のスタジオではちょっとした楽器談義があった。
その中で、このギタ−の話題になった。
昔、このギタ−の名称を、”ストレ〜トキャスタ−(真っすぐじゃぁ〜ねぇ〜よ!)”、ストライクキャスタ−(三振じゃぁ〜ねぇ〜よ!)”・・・etc〜といって呼んでたヤカラもいたっけ。(笑)
このギタ−のデビュ〜は1954’。
3ツのマイクとトレモロ・ア〜ムが特徴だったが、発売当初はあまり人気がなかったらしい。
その後、やわらかい弦(ライト・ゲ〜ジ)が普及された頃にJimi Hendrixの衝撃的な登場で、急激に人気が浮上した。今やレス・ポ−ルと並んでロック・ギタ−の代名詞的存在。
以前この日記にも書いたが、その昔、高校生の頃に銀座でThe Beatlesの”LET IT BE”の映画を見た帰り、山野楽器に寄ってガラス・ケ〜スの中に飾ってあった数本のこのギタ−を食い入る様に眺めていたら、気の毒に思ったのか心優しい店員がその内の一本を取り出して触らせてくれた。
その時は感激して、本当にギタ−をつかむ手が震えた事は今でも鮮明に憶えている。
その当時も今も価格はほとんど変わらないので、当時はとんでもなく高価な代物だった。
一生、持つことなんか出来ないと思っていたから、このギタ−を手に入れた時は格別だった。
このギタ−、実は手元に来た日がジョン・レノンの命日だった。
〜だからかどうかは分からないが、デモを作っていてどうしてもギタ−のフレ〜ズが上手くいかない時に、このギタ−を引っ張り出して弾いてみると大概上手くいくのはなぜなんだろう〜?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストラトキャスタ− 虎や日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる